インターネットが盛んになった今、特商法についての知識を事業者側も消費者側もある程度間持ち合わせておきたいところです。
普段毎日何気なく使っているインターネットですが、インターネットでのルールはちゃんとわかっているのでしょうか。そもそもインターネットにおいての、ルールというのがまだ曖昧な段階でもあります。

新しいテクノロジーがどんどん増えてきて、最新のテクノロジーに関してはまだ追いついていないと言う人も多いのではないでしょうか。新しいテクノロジーが増えていく中で、私たちは、今どのようにインターネットと付き合っていくかを問われている時代です。

みんなが使っているからこそ、しっかりとしたルールがなければ、思わぬトラブルが起きてしまう可能性があるからです。
事業者側も、消費者側も、トラブルは避けたいものですよね。そのためには、特賞法などの法律を知っておくことが大切です。知らないうちに、法律違反を犯していたと言うことになると、びっくりする位の賠償金を請求されたりする場合もあるからです。

知らなかったでは済まされないのが現実なので、しっかりとルールを学んでいいきましょう。
まず、特商法で知っておきたいものは、ネットで物を買うことが増えたこともあって、通販に関しての特商法はおさえておきたいところですね。
例えば、『業務提供誘引販売取引』というのがありますが、ご存知でしょうか。業務提供誘引販売取引というのは、「仕事を提供するので、収入が得られる」という口実で消費者を誘引し、仕事に必要であるとして、商品等を売って金銭負担を負わせる取引のことです。

それから、事業者は、消費者に勧誘する場合は、消費者に対して勧誘目的で声をかけていることを告げなければなりません。マルチ商法などで、商品を売り付けようとしたり、また勧誘目的で話しかけてきているにも関わらず、そういった目的を隠すことは禁止されています。勧誘を受けるにしても、消費者側の意思がなければ勧誘をしてはいけません。再勧誘の禁止等も法律違反に含まれるので、注意してください。

自分の身分や名称などを偽ったり隠したりするのも法律違反です。勧誘を行う際、故意に事実を告げないこともアウトです。もし、これらの決まりを破った場合は、行政処分や罰則が与えられることとなります。こういった事は、事業者側だけでもなく消費者側の認識も改める必要があります。しっかりとルールを把握して、もし不要な勧誘を受けた場合、それは法律違反ですと言うことで、無駄な勧誘も回避することが可能です。